この夏、ウェールズのクラフトビールに注目!|Wales Now Vol.1

発行日:2016. 07. 25

ウェールズのリアルタイムな情報を隔週でお届けします。

ウェルシュビールとチーズ_試飲_20160630
6月30日開催のイベント「不思議の国 ウェールズ」にて試飲いただいた、日本で楽しめるウェルシュ・ビール。

ウェールズ代表、「EURO2016」で歴史的快挙

ウェールズ代表_ユーロ2016_FA_Wales_EURO20167月10日に幕を閉じた、サッカー欧州選手権(ユーロ2016)。初出場したウェールズ代表チームが、4強入りという快挙を成し遂げました。メジャーな国際大会出場は、1958年のワールドカップ以来。その驚きの快進撃に、「赤いドラゴンの覚醒」とウェールズはもちろん、世界中のサッカーファンが熱狂しました。今後の活躍にも注目です!

Photo: FA Wales (The Football Association of Wales)
http://www.faw.cymru/en/

世界最長の絶叫アドベンチャー「ジップワールド」

ジップワールド_ZipWorld_スノードニア_ウェールズジップラインは、ワイヤーロープを滑車で滑り降りる、世界的に人気のアトラクション。世界最長のジップラインである「Zip World(ジップワールド)」は、北ウェールズの美しいスノードニア国立公園にあります。なんと地上150メートルの高さから、時速160キロで高速降下! この夏、ちょっと変わった"肝試し"はいかが?

ジップワールド:http://www.zipworld.co.uk/


ウェールズのビールとチーズに舌鼓
「不思議の国 ウェールズ」開催報告

ウェルシュビールとチーズ_不思議の国のウェールズ_20160630 6月30日、東京都千代田区のcafe104.5にて、ウェールズのクラフトビールと伝統料理をご試飲・ご試食していただくイベント「不思議の国 ウェールズ」を開催しました。
 ご紹介したのは「Brains(ブレインズ)」「Tiny Rebel(タイニー・レベル)」、そして今回、日本初上陸となった「Wrexham Lager(レクサムラガー)」の3社から全10種類。ビール愛好家の皆さまに飲み比べていただきました。

ウェルシュレアビット_ウェルシュビールとチーズ_テイスティング_20160630
 ご出演いただいたのは、一般社団法人 日本ビアジャーナリスト協会理事の藤原ヒロユキ先生。藤原先生からおいしいビールの飲み方や、料理との組み合わせ(ペアリング)を教わりました。

写真:「ビールは五感でゆっくり味わってください」と語る藤原ヒロユキさん。

「ビールは五感でゆっくり味わってください」と語る、藤原ヒロユキ先生。

 「クラフトビールには、その国の伝統料理が最も合います」との声に応えて、会場には英国菓子料理研究家の砂古玉緒先生も登場。ご著書『イギリスの家庭料理』(世界文化社 刊)で「グルマン世界料理本大賞2016」海外料理部門1位を獲得した砂古先生に、良質のチーズが豊富なウェールズならではの伝統料理「Welsh Rarebit(ウェルシュ・レアビット)」の調理を実演していただきました。

 ウェルシュ・レアビットは、レアビットソースというチーズのソースを作り、パンにのせて焼いたもの。隠し味は、なんとビール! 鍋に削ったチーズをたっぷり入れて溶かし、バター、ウスターソース、塩、マスタード、ビールを入れて、ゆっくり混ぜながらソースを作ります。軽くトーストした薄切りのパンの上にのせて、トースターでこんがり焼けば出来あがり。

 今回、チーズは「South Caernarfon Creameries(サウス・カナーヴォン・クリーミーズ)」製のチェダーチーズ(近日、輸入がスタート)、ビールはタイニー・レベルのレッドエール「Cwtch(クッチ)」を使用しました。「一番大切なのは、熱々の出来立てを召し上がっていただくことです」と砂古さん。会場では、香ばしいウェルシュ・レアビットをビールのおつまみに楽しんでいただきました。

「ウェールズ人は大人も子どももウェルシュ・レアビットが大好き」と、ゲストの砂古玉緒先生

「ウェールズ人は大人も子どももウェルシュ・レアビットが大好き」と、砂古玉緒先生。

 会場の皆さまから「ウェールズだけでも、こんなにたくさんクラフトビールがあるなんて!」「ウェルシュ・レアビットは、コクがあっておいしかった。ビールが効いていました」「ウェルシュ・レアビットに明太子を入れて食べてみたい」などのご感想をいただきながら、イベントは大盛況のなか幕を閉じました。

ウェルシュレアビット_ウェルシュビールとチーズ_20160630

↓「地球の歩き方」HPでも本イベントをご紹介いただきました。
「英国ウェールズのビールとチーズに注目! クラフトビールと伝統料理ウェルシュレアビット」


”レクサムラガー兄弟”が初来日

北ウェールズの Wrexham(レクサム)から、クラフトビール「Wrexham Lager(レクサムラガー)」社代表の Mark Roberts(マーク・ロバーツ)さん(写真左)と、マークさんの弟である Vaughan Roberts(ヴォーン・ロバーツ)さん(写真右)さんが初来日しました。
「相手を尊重してくれる、日本の人たちは素晴らしいですね。必ずまた来ます!」
レクサムラガー_Wrexham Lager_ウェールズ

アストンマーティン、第2の生産拠点は南ウェールズ

アストンマーティン_南ウェールズ高級英国スポーツカーブランドのアストンマーティン(Aston Martin)が、南ウェールズに生産拠点を新設すると発表しました。イングランドの本社工場に続く2拠点目となります。南ウェールズはブリティッシュ・エアウェイズなどの企業が集積する、航空機のメンテナンス・修理拠点となっています。これまで培われてきた高度な生産技術が、アストンマーティンのウェールズ進出を後押ししました。ウェールズにおける自動車完成車の生産は半世紀ぶり。

日本初上陸の「レクサムラガー」、銀座で期間限定販売が決定!

ビールがおいしい季節の到来ですね。7月29日(金)から31日(日)までの3日間、Wrexham Lager(レクサムラガー)の徳岡 銀座店での期間限定販売が決定いたしました。

期間中は併設のワインバルでもお飲みいただけます。銀座で本場の味が楽しめる3日間、ぜひお誘いあわせの上お越しください。

場所: 東急プラザ銀座B2F Tokuoka Wine & Gourmet Gallery Ginza(http://ginza.tokyu-plaza.com/shop/detail_516.html
お問い合わせ: 03-6264-5491

\ 「タイタニック号」でも飲まれていた!/

ウェールズが誇る「Wrexham Lager(レクサムラガー)」は、その起源を1882年にまでさかのぼる英国最古のラガービール。あの豪華客船「タイタニック号」でも飲まれていた、という記録も残っています。

編集後記

ウェールズのおいしいものといったら「ビール&チーズ」。ウェールズのスポーツといったらラグビーでしたが、これからは「ラグビー&サッカー」ですね。テレビ観戦をしながらビールと……と、組み合わせを考えるのも楽しそう。

次回は8月15日に発行予定です。お楽しみに!

バックナンバー一覧

ページ上部へ戻る