No.3 6つのクルーズ港からアクセスできる3つの国立公園

ウェールズの6つのクルーズ港のどこからでもブレコン・ビーコン、ペンブルークシャー海岸、そしてスノードニアの3つの国立公園の1つにつながっています。オーシャンビューから、海岸線・湖水/森林・山々と四季折々、さまざまな自然の表情を楽しむことができます。

ウェールズの港と国立公園 Holyhead Fishguard Milford Haven Swansea Cardiff Newport

Cardiff (カーディフ港)

Cardiff (カーディフ港)

南東ウェールズ、首都カーディフのカーディフ港です。

Fishguard (フィッシュガード港)

Fishguard(フィッシュガード港)

西ウェールズ、アイルランド海に面したペンブロークシャーの港です。西ウェールズへ入る海の玄関。ペンブロークシャーは英国でただ1つのコースタル国立公園です。

Holyhead (ホリヘッド港)

Holyhead (ホリヘッド港)

アングルシ―島のホリヘッド港。 北ウェールズとスノード二アへの海の玄関です。

Milford Haven(ミルフォード・へヴィン港)

Milford Haven (ミルフォード・へヴィン港)

西ウェールズのフィッシュガードより内陸寄りに位置するアイルランド海に面したペンブロークシャーの港です。西ウェールズへ入る海の玄関。ペンブロークシャーは英国でただ1つのコースタル国立公園です。

Newport (ニューポート港)

Newport (ニューポート港)

南東ウェールズにあるウェールズとイングランドへのゲートウェイです。

Swansea(スウォンジー港)

Swansea (スウォンジー港)

スウォンジーはウェールズのカーディフに次ぎ栄えている中心地。南西ウェールズ、カーディフより電車でも車でも30分-45分の距離にあります。

1. ブレコン・ビーコンズ国立公園(南ウェールズ)

雄大な緑の山々に戯れる羊たち。広大なワインディングロードを曲がると眼前に渓流が表れ、しばし太古の世界に紛れ込んだような神秘的な世界が広がります。ウェールズ唯一のシングルモルトウィスキー「ペンダリン(Welsh Whisky)」は、この国立公園の中の「ペンダリン」に醸造所があります。

ブレコン・ビーコンズ国立公園について、詳しくはこちら(英語ページ)

2. ペンブルックシャー海岸国立公園(西ウェールズ)

ウェールズの西側、アイルランド海側に位置し、海原・砂浜・草原と変化に飛んだ絶景を楽しみ、また、海洋動物とも一年中触れ合える国立公園。

ペンブルックシャー海岸国立公園について、詳しくはこちら(英語ページ)

3.スノード二ア国立公園(北ウェールズ)

ウェールズの山々の中でもひときわ目を引くのが、イギリスでもっとも高い山スノードンです。13世紀に、イングランドの船乗りが、遠くに見える雪をかぶった峰を「雪の丘」と呼ぶ一方、ウェールズ人たちはこの山を「鷲の座(Elyri・エラリ)」と名付け、険しい絶壁となだらかで穏やかな草原や湖に恵まれた絶景という2つの顔を持つウェールズの象徴となる山岳地帯一帯が国立公園になります。世界でも第一級の登山家やロッククライマーたちが挑戦するスノード二アは「鷹の座」。エドモンド・ヒラリー卿をリーダーとするイギリスの調査隊はここで訓練を積んだ後1953年世界最高峰エベレストに挑み初登頂に成功しました。

一般の観光客は1894年に敷かれたスノード二ア山岳鉄道のおかげで、景観を楽しみながらゆったり登山することができます。長さは7.4km、出発は海抜104mのスランべリス、山頂駅は1065m。この急勾配を、渓流の滝や草原の彼方の湖水、羊たちの群れ遊ぶ様子を眺めながら、山頂に向かって稜線をまっすぐに登っていくのです。

ページ上部へ戻る