Foreign Direct Investment -ウェールズへの投資-

ウェールズにおける日本企業による進出の歴史は1970年代初頭までさかのぼります。 中外貿易がウェールズ初の日系企業として事業所を設立、その後タキロンが製造業としては初のウェールズ進出を果たし製造拠点を立地しました。エレクトロニクスではソニー、パナソニックが初の欧州製造拠点を設立、その後自動車、航空機、食品関連企業と続き、ウェールズは日系企業の一大集積地として、日系企業の欧州における経済活動をサポートしております。

詳しいサポート体制についてはこちら(英語ページ)

ウェールズ進出日本企業

進出先のウェールズとしての魅力とは

  • 長年にわたる経済交流で培われた日本との友好関係
  • 優秀で優れた人材
  • 英国で最も魅力的な政府助成金制度
  • 価格競争力の高い事業用地

産業特別区のご紹介

ウェールズには7つの産業特別区があり、それぞれの地区で助成対象の産業が指定されています。企業が自らの事業内容にあった特別区へ進出する事により、政府助成金(※)及びその指定地域毎の特長ある産業構造、知的人材リソース、通信インフラを享受することができます。

※諸条件があります。

制度の詳細に関してはこちら(英語ページ)をご覧ください。

ウェールズ産業特別区

ウェールズ産業特別区

No. 地域名 対象産業
1 Cardiff(カーディフ) 金融・プロフェショナルサービス
2 Anglesey(アングルシー) エネルギー
3 Deeside(ディーサイド) 高度製造
4 St. Athan(セントアセン) 航空機
5 Ebbw Vale(エバベール) 高度製造
6 Snowdonia(スノードニア) 環境・エネルギー・情報通信
7 Haven Waterway(ヘブンウォーターウェイ) 環境・エネルギー

産業特別区について詳しくはこちら(英語ページ)

ページ上部へ戻る