Culture -ウェールズの伝統・文化-

言語

ウェールズ語(Cymraeg:カムライグ)は英語と並び公用語として、人口の19%にあたる約50万人によって話されており、ウェールズの地名・道路標識及び公文書は英語・ウェールズ語の併記がされています。ウェールズ語はヨーロッパ最古の言語の一つで、コーンウォール語とブルトン語と同じ語族に属すると言われています。ウェールズ語の継承を目的とし、ウェールズの小・中学校では必修科目としてウェールズ語教育が実施されています。

ウェールズ語に関する詳しい情報はこちら(英語ページ)

音楽

ウェールズは歌の国、The Land of Songとして知られています。数々の讃美歌はウェールズ人作詞家によって生み出されました。William Williamsによる”Guide me, O Thou great Redeemer”は75か国語に訳されており、現在では、ラグビーマッチ等スポーツシーンでもお馴染みの曲となっています。又、クリスマスキャロルで有名な”Deck the Halls”(日本語訳:ひいらぎかざろう)の原曲はウェールズ民謡です。ウェールズの音楽シーンは、男声合唱団(Male Voice Choir)抜きでは語る事はできません。19世紀・産業革命真っ只中、ウェールズでは数多くの労働者が石炭採掘に従事、その過酷な労働環境で炭鉱夫達の心を支えたのが歌でした。炭鉱夫同士でグループを作り、互いに歌声を競い合ったのがウェールズにおける男声合唱団のルーツと言われています。ウェールズには独自の国歌”Land of my Fathers”があります。これは1856年にEvan Jamesとその息子James Jamesによって作られました。同じ曲調の歌がフランス・ブルターニュ地方では国歌として、英国・コーンウォール地方では賛歌として歌われています。

ウェールズ国歌について詳しい情報はこちら(英語ページ)

ウェールズは数多くの著名なアーティストを輩出しています。英国ポップミュージックの重鎮である、Tom JonesやShirley Basseyはウェールズ出身で幾多のヒット作品を生み出しました。英国を代表するロックグループのStereophonicsや Manic Street Preachers等もウェールズ出身です。

その他ウェールズ出身のアーティストについてはこちら(英語ページ)

Welsh National Operaは1943年に設立、英国・海外へのツアーでは各地のオペラファンを魅了してきました。首都カーディフにある、ウェールズ・ミレニアムセンターを本拠地としています。ウェールズ出身の著名なオペラ歌手として、Dame Gwyneth Jones, Geraint Evans, Bryn TerfelやRebecca Evansが挙げられます。BBC National Orchestra of Walesも同じくウェールズ・ミレニアムセンターを本拠地としています。

ウェールズのオペラ・オーケストラについてはこちら(英語ページ)

音楽・文化の祭典

Eisteddfodとはウェールズ語で、音楽・文化・演劇の祭典を意味します。ウェールズでは数多くのミュージック・カルチャーフェスティバルが各地で毎年開催されています。ウェールズ最大の祭典、The National Eisteddfod of Walesはそのルーツは1176年まで遡ります。毎年8月の第一週目に開催、毎年会場は北ウェールズ・南ウェールズと交互に選ばれます。音楽、舞踊、絵画、エッセイ、演劇等様々なジャンルでコンペティションが行われ、会期中はおおよそ15万人が訪れます。250に上るウェールズの産品の展示ブースが並ぶウェールズ最大の祭典です。ウェールズ北東部に位置するLlangollenでは毎年7月の第二週目に6日間 Llangollen International Musical Eisteddfod と呼ばれる音楽の祭典が開催されます。世界中より多くのアーティストが集い音楽を通じ世界平和を願います。ジャズの祭典、Brecon Jazz Festivalは毎年8月に中部ウェールズのBreconを舞台として開催され、世界中より多くのジャズミュージシャンが訪れます。

ウェールズの祭典についてはこちら(英語ページ)

映画・TVドラマシリーズ

これまで数多くの映画・TVシリーズのロケーションがウェールズで行われました。下記はその一例です。

  • The World is Not Enough(ワールド・イズ・ノット・イナフ) 1999年
  • Die Another Day(007ダイアナザーディ) 2002年
  • Tomb Raider 2(トゥームレイダー2) 2003年
  • Merlin(魔術師マーリン)2008年
  • Harry Potter & The Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘宝)
  • Clash of the Titans(タイタンの戦い) 2010年
  • Robin Hood(ロビンフッド) 2010年

BBCの大人気TVドラマシリーズのTorchwoodやDoctor Whoもウェールズでのロケーションを行うなど、ウェールズは映画・TVドラマシリーズのロケーション先として定評があります。ロケ地情報:

ウェールズでの映画&TVの撮影場所の詳細についてはこちら(英語ページ)
ウェールズでの映画&TVの撮影場所の説明についてはこちら(英語ページ)

ページ上部へ戻る